ホーム > 病院のご案内 > 概況・沿革

概況・沿革

日本医科大学付属病院について

日本医科大学付属病院は、東京のほぼ中心に位置する文京区にあり、文京の名のとおり、
学校や病院、公園などが多く、都内でも最も静かな環境のなかにあります。特に病院の周辺
には緑が多く、四季の変化は私たちに心の安らぎを与えてくれます。
本院は、明治43年に千駄木の地に開院以来、地域に根付いた医療を展開して参りました。
特に、本邦初の救命救急センターの設置、特定機能病院の認可、地域がん診療連携拠点病院の指定などを通じて、時代に応じた高度医療を提供し続けています。また、その実績は教育・研究面と併せて、国内外で高く評価されております。
平成30年1月には本館がリニューアルオープンいたしました。「チームワークで患者さん中心の理想的な病院づくり」のコンセプトの基に、患者さんが治療に専念できる環境を提供いたします。

概況

開設者 学校法人日本医科大学 理事長 坂本 篤裕
管理者
  • 院 長 汲田 伸一郎
  • 副院長 近藤 幸尋・吉田 寛・石井 庸介・岩切 勝彦・鈴木 智恵子
診療科 42科
許可病床数 877床(一般850床・精神27床)
職員数 2,761人(令和4年4月現在)
看護種別
  • 一般 看護配置7対1
  • 精神 看護配置7対1
主な施設
  • 高度救命救急センター(CCM部門・CCU部門) 60床
  • 外科系集中治療室 S-ICU 20床 HCU/SU 16床
  • 血液浄化療法センター 15床
  • 新生児集中治療室(NICU)・新生児回復室(GCU)
  • 化学療法室 35床
  • 手術室 23室(ハイブリッド手術室1室)
  • リハビリテーションセンター

沿革

1876年(明治9年)  4月 長谷川泰が済生学舎を開設
1904年(明治37年) 4月 磯部検三が私立日本医学校を創立
1910年(明治43年) 11月 日本医学校付属医院を開設
1912年(明治45年)  私立日本医学専門学校に昇格
1919年(大正8年)    4月
  • 私立日本医学専門学校を日本医学専門学校に改称
1926年(大正15年) 2月
  • 財団法人日本医科大学を設立
  • 同年、日本医科大学第二医院と改称
1945年(昭和20年)   3月10日 
  • 大空襲により付属第二医院(現在の付属病院)焼失
1952年(昭和27年)  2月 学制改革により新制日本医科大学となる
1954年(昭和29年) 12月 日本医科大学付属医院と改称
1958年(昭和33年)   7月
  • 日本医科大学付属医院を総合病院と称する件認可
  • (衛医医承60号)
1960年(昭和35年)   4月 内視鏡センター設置
1961年(昭和36年)  病理部設置
1963年(昭和38年) 4月
  • 日本医科大学付属医院を
  • 日本医科大学付属病院と改称
1965年(昭和40年) 10月  付属病院増築工事完成
1970年(昭和45年)  血液浄化療法室設置
1973年(昭和48年)  集中治療室設置
1975年(昭和50年) 4月 救急医療センター設置
1977年(昭和52年)   1月 救命救急センター設置(厚生省認可第一号)
1986年(昭和61年) 9月 東館開院
1989年(平成元年)   7月  保険審査室設置

1993年(平成5年)

4月
  • 高度救命救急センターに指定(厚生省認可第一号)
12月 特定機能病院承認
1995年(平成7年)   4月  医療連携室設置
1996年(平成8年) 11月  エイズ診療拠点病院
1997年(平成9年)  2月  東京都災害拠点病院(地域災害拠点中核病院)指定
1997年(平成9年)  7月  東洋医学科設置
2003年(平成15年) 11月  医療情報室設置
2004年(平成16年)  5月  輸液療法室(現 外来化学療法室)設置
2004年(平成16年)   4月  ME部設置
2004年(平成16年)   8月  東京DMAT指定医療機関
2008年(平成20年) 2月 地域がん診療連携拠点病院に指定
2011年(平成23年) 3月 新病院竣工
2014年(平成26年) 8月
  • 新病院(前期)開院 (アクションプラン 1期)
2016年(平成28年) 6月
  • 日本医療機能評価機構
  • 病院機能評価(一般病院2)認定
2018年(平成30年) 1月 新病院(後期)開院 (アクションプラン 2期)
3月 東京DPAT協定等締結医療機関
3月 がんゲノム医療連携病院の指定
4月 難病診療連携拠点病院
2021年(令和3年) 12月
  • 新病院(ロータリー、駐車場、公園等)工事完了 
  • (アクションプラン 3期)