基礎医学

ホーム> 分野(教室)> 基礎医学> 微生物学・免疫学
morita
微生物学・免疫学
森田 林平  大学院教授

 免疫は病原微生物から身を守る生体システムであり、進化の過程で微生物との攻防を繰り返すことにより免疫システムは高度に進化してきました。一方でヒトは腸管、皮膚、口腔内で微生物と共生し、病原微生物に対するバリアとして利用するのみならず代謝や精神活動への影響も受けています。
医療の発展や衛生環境の改善によりある種の感染症は確実に克服されてきました。しかし一方で、環境開発や輸送手段の発展による新興・再興感染症、そして抗生物質の多用による多剤耐性菌の出現は依然として大きな社会問題です。
このように人類の福祉の観点から免疫学と微生物学の重要性は増すばかりです。
 医学部教育では、2年生の微生物学講義・実習と免疫学講義・実習、3年生の基礎配属を担当します。講義と実習では各々の基礎概念の習得と疾患(感染症、臓器移植、がん)との関連性の理解を目指します。
 大学院医学研究科(微生物学・免疫学分野)では「炎症」をキーワードに遺伝子改変マウスや細胞を作製し、分子レベルで炎症反応や感染症の解明を目指します。


卒前・卒後教育の指導方針

学部教育
 微生物学・免疫学は微生物学講義・実習と免疫学講義・実習から構成されています。2つの講座は深い学術関連性を有しているため、講義の中では相互の内容を取り上げ一体的な理解を目指します。
 微生物学:細菌学・ウイルス学・寄生虫学から構成され、個々の微生物に固有の特性の理解を目指します。いずれの微生物も膨大な種を有しますが、ヒトに疾患をもたらす微生物を中心に学習します。微生物の構造・特性・生活史および疾患をもたらす分子メカニズムの理解を目指します。
 免疫学:前半では総論として免疫学の基礎概念の習得を目指します。免疫システムの精巧さ、自己と非自己の認識の仕組みを組織レベルから分子レベルまでの理解を目指します。後半は各論としてアレルギー、感染免疫、移植免疫、がん免疫、自己免疫疾患、免疫不全症をテーマに免疫学が臨床医学にもたらす重要性の理解を目指します。

大学院教育
 「炎症」は微生物(PAMPs)のみならず私たちが作り出す生体分子(DAMPs)でも誘発されることが分子レベルで明らかとなりつつあります。これにより感染症は勿論のこと生活習慣病・外傷・がん等の疾患、さらには妊娠・出産という生命現象にも炎症が深く関与することが明らかになりつつあります。
 当教室では宿主と病原体の両者に着目し、炎症の新たな概念を分子レベルで究明すると共に、個体レベルで生命現象の新たな理解を見出すことを目指しています。
実験基礎技術の習得から始まり、研究室での議論、学術論文の抄読、セミナーや学会発表により、大学院生は自身の実験結果の問題点を抽出しその解決策を見出しせるように指導します。研究生活を送ることで、社会で生じる様々な問題を科学的に思考できることを期待します。