臨床医学

ホーム> 分野(教室)> 臨床医学> 皮膚科学> 分野 (教室) の概要

人体で最大の臓器である皮膚および可視粘膜を研究対象とする。湿疹をはじめ、感染症、アレルギー・免疫疾患、皮膚腫瘍、代謝性疾患、全身疾患に関連する皮膚症状について総合的に学ぶ、また、近年、美容・整容面に配慮した治療法の開発、研究が社会的に要請されている。我々の講座は、美容皮膚科学を基礎的に研究する数少ない研究機関の1つである。以下に主たる研究分野を示す。

1. 皮膚神経内分泌免疫学分野

~情動ストレスが及ぼす皮膚生理機能の解析~
毛周期、色素細胞機能、マスト細胞機能、抗原提示細胞機能、リンパ球・単球機能におけるCRF、POMC、神経ペプチド、神経成長因子、一酸化窒素の関与について、組織化学的、神経薬理学的手法を用いて解明する。

2.心身医学分野

アトピー性皮膚炎をはじめとする難治性皮膚疾患は、精神的要素の影響が大きい。
こうした疾患を交流分析法、精神分析法など心身医学的に解析し、治療法を確立する。

3.臨床アレルギー学、免疫学分野

  • アレルギー性炎症の抗原解析
    アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、薬疹、蕁麻疹の抗原を解析する。
  • 難治性皮膚疾患に対する免疫賦活療法の開発
    脱毛症、アトピー性皮膚炎、慢性痒疹など難治性疾患に対する免疫賦活療法、光線療法の開発を目指す。
  • アレルギー性炎症の病態解明および治療法の開発
    上記疾患の皮膚と全身におけるケモカイン、サイトカインの発現とその意義について解明し、新たな治療法を開発する。
  • 炎症性皮膚疾患における酸化ストレスの関与の解析
    アトピー性皮膚炎、痒疹、乾癬における抗酸化物(グルタチオン、コエンザイムQ、ビタミンC)や抗酸化酵素を評価し、新たな治療法の開発を目指す。

4.腫瘍学分野

  • 悪性黒色腫における早期診断法の開発
    細胞分裂制御因子の1つであるブラディオンを用い、悪性黒色腫の特異的遺伝子診断法、転移巣予測、治療法の開発を目指す。
  • ラジオアイソトープを用いたセンチネルリンパ節同定法の開発

5.美容皮膚科学分野

光老化皮膚(しみ、しわ)、座瘡(ニキビ)、母斑(アザ、ホクロ)、脱毛症、病態解明および新たな治療法の開発、現在、新たな外用療法、レーザー光療法、photodynamic therapy、chemical peelingについて研究中である。

6.臨床遺伝学分野

  • 遺伝性皮膚疾患の診断法、効果的遺伝子治療法の開発を目指す。
  • 皮膚幹細胞の同定と移入法についての研究。

7.臨床ウイルス学分野

HPV感染症におけるテロメア、テロメアーゼの発現とその臨床的意義を解析。