ホーム>病院のご案内>認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

日本医科大学武蔵小杉病院は、2012年12月に川崎市の認知症疾患医療センターに認定されています。もの忘れが心配な方や認知症性疾患の患者さんの診断治療と相談業務を行っています。そして、市民に認知症についての情報発信を行っています。

もの忘れ・認知症の相談

日本医科大学武蔵小杉病院内の患者支援室・医療福祉支援室と、日本医科大学武蔵小杉キャンパス南館にある「街ぐるみ認知症相談センター」で、相談業務を行っています。
街ぐるみ認知症相談センターは、認知症になっても安心して暮らせるよう、皆様の相談を受けております。タッチパネル式もの忘れチェックテストも実施しています。年齢やお住まいの地域にかかわらず、どなたも無料でご利用頂けます。詳細はこちら

認知症の鑑別診断と初期対応

認知症で最も多いのはアルツハイマー病ですが、その他に、血管性認知症・レヴィ小体型認知症・前頭側頭葉変性症・嗜銀顆粒性認知症など、たくさんの病気があります。中には、甲状腺機能低下症のように内科の病気が基礎になっていることもありますし、睡眠薬など薬剤が原因のこともあります。
日本医科大学武蔵小杉病院神経内科では、まず、詳細な問診、神経学的および精神医学的診察、認知機能検査により、認知症の鑑別診断を行います。採血や、CT・MRI・SPECTなどの画像検査も、必要に応じて行います。
診断を元に、治療方針をご本人・ご家族と共に決定します。薬物治療を、日本医科大学武蔵小杉病院で継続することもできます。しかし、基本的には、患者さんが行きやすい、かかりつけの先生によって治療が行われるシステムを推進しています。その場合、紹介状とともに、検査所見・画像データを提供いたします。認知症の症状に変化があれば、かかりつけ医や地域の医療機関と連携しながら対応します。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
神経内科
担当医師
北村 伸 三品 雅洋 北村 伸 酒巻 雅典

診察時間:午前9時00分~午後0時00分(受付は11時30分まで)

症状悪化への対応

認知症患者が他の病気にもかかった場合や、行動・心理症状の悪化については、神経内科で診療するだけでなく、病状に応じて精神科など他の診療科、地域の認知症に係る専門の精神科病院などと緊密な連携を図り、地域全体で受け入れる体制を作っています。

認知症疾患医療連携協議会の開催

地域の医療と介護の連携をはかるため、行政、医師会、地域包括支援センターなどをメンバーとした認知症疾患医療連携協議会を年に2回程度開催しています。

認知症ケア加算1

平成28年度診療報酬改定では、「身体疾患のために入院した認知症患者に対する病棟における対応力とケアの質の向上を図るため、病棟での取組や多職種チームによる介入を評価する」ための、認知症ケア加算が新設されました。
認知症の患者さんも、がんなどの治療で入院したり、転倒による骨折で救急搬送されます。しかし、入院により認知症症状が悪化したり、患者さんとスタッフでのコミュニケーションがうまくいかず身体疾患の治療を円滑に受けられなかったりすることがよくあります。
そこで、日本医科大学武蔵小杉病院では、神経内科専門医・認知症看護認定看護師・社会福祉士で構成される「認知症ケアチーム」を創設しました。「認知症ケアチーム」は、病棟と連携し、認知症症状の悪化の予防・入院生活の環境整備・認知症患者とスタッフの円滑なコミュニケーション方法に介入します。定期的なカンファレンスを実施し、各病棟を回診して、認知症ケアの実施状況を把握するとともに、患者家族・病院スタッフに助言をします。
日本医科大学武蔵小杉病院では、該当する患者さんの入院で、認知症ケア加算1が算定されます。

14日まで 150点
15日以降 30点

研修会の開催

認知症の病態やケアについて、地域連携についてなど川崎市内外で医師、医療系職員、介護職員や、市民を対象とした講演を行っています。研修の講師依頼や認知症サポーター養成講座の企画に関する相談も、街ぐるみ認知症相談センターで受け付けています。

医療機関様:患者ご紹介での診療報酬について

認知症疾患医療センターである日本医科大学武蔵小杉病院神経内科に認知症患者(疑い例を含む)を紹介していただきますと、今までの診療報酬に加え、以下のような加算を算定することができます。

認知症疑いの患者を認知症疾患医療センターに紹介

ご紹介いただく医療機関は、診療情報提供料(250点)に加え、認知症専門医紹介加算(100点)を算定できます。
日本医科大学武蔵小杉病院神経内科は認知症の鑑別診断を実施します。その後ご紹介いただいた医療機関に逆紹介する際、診療情報提供書とともに認知症療養計画書を提供すると、認知症専門診断管理料1(700点、1患者1回のみ可能)を算定します(逆紹介のインセンティブ)。

その後の管理をかかりつけ医が行う

認知症療養計画書に基づき治療を行い、日本医科大学武蔵小杉病院神経内科に診療情報を文書で提供いただくと(郵送・持参など)、認知症療養指導料(350点、6ヶ月に限り月1回可能)が算定できます。

症状が増悪したとき・再評価が必要なとき

ご紹介いただく医療機関は、診療情報提供料(250点)に加え、認知症専門医療連携加算(50点、月1回算定可能)を算定できます。こちらの認知症診療情報提供書(MS-Word:19KB)をご使用ください。
日本医科大学武蔵小杉病院神経内科は療養方針を再評価します。認知症療養計画書を作成し逆紹介すると、認知症専門診断管理料2(300点、3ヶ月に1回のみ可能)を算定します(逆紹介のインセンティブ)。