薬剤部

薬剤部 部長 笠原 英城

 2020年度はコロナとアンサング・シンデレラ監修に翻弄された一年でしたが、いろんなことが薬剤部にとって貴重な財産や思い出になることでしょう。
 2021年9月に開院予定の新病院は順調に工事が進み、外観は足場が撤去され、いよいよ最終工事に入って24時間体制で稼働、院外処方発行体制が現状より充実することでしょう。

 当院では病棟専従薬剤師をあえて配置せず、担当とサポート体制をとり、調剤や製剤、抗がん剤混合も担当制としています。担当病棟は3年周期で変更しますが、各自の認定・専門領域には関われるようにしています。この体制により薬剤師としての長所・短所を俯瞰的に認識することができ、入職5年後には何らかの認定資格を取得できる環境が整っています。
 「妊娠・授乳と薬相談外来」のように、当院ならではの業務にも力を注いでいます。これは女性診療科、小児科医師・看護師とのチーム医療が評価された結果、薬剤師によるカウンセリングがメインとなる外来で、専門資格を実地に活かせる結果となりました。
 また、日経DIオンラインでは「日経DIクイズ病院編」を当院薬剤部が担当し、学会とは異なる原稿の執筆経験をすることができます。 

「人間的なスキルを磨くことで、薬剤師として輝ける薬剤部」
 当院から大きく羽ばたくための翼を広げるために、力を合わせていきます。

2021年2月
薬剤部長 笠原 英城