臨床医学

ホーム> 分野(教室)> 臨床医学> リハビリテーション学
松元秀次大学院教授   リハビリテーション学
   松元 秀次  大学院教授

 リハビリテーション学は、いろいろな疾患によって生じた脳・神経・筋・骨格器系などの機能障害ならびに能力障害を診断のうえ治療し、さらには患者さんが身体的・精神的に生きがいのある社会生活を送れるように援助する専門医学分野です。つまり、全人間的な医学・医療を目指すもので、歴史的に治療医学、予防医学に次いで第三の医学といわれます。「機能回復のための訓練」と理解されることが多いようですが、「人間回復」や「社会復帰」が本来の意味になります。
 リハビリテーションの対象となる疾患は、脳卒中・脳外傷・脳腫瘍などの脳疾患、脊髄損傷・脊髄腫瘍・脊髄症などの脊髄疾患、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症などの神経変性疾患、骨折・関節リウマチ・変形性関節症などの骨関節疾患、ギランバレー症候群・筋ジストロフィー症・顔面神経麻痺・末梢神経損傷などの神経筋疾患、心筋梗塞・心不全などの心臓疾患、脳性麻痺・発達遅滞などの小児疾患、悪性腫瘍(がん)・胸腹部外科手術などによる廃用症候群など多岐に及びます。また、特殊な診療技術としては、臨床筋電図検査、義肢装具外来(義肢・装具に関する相談)、リンパ浮腫治療外来、ボツリヌス注射・神経ブロック、嚥下評価(嚥下造影・嚥下内視鏡)などがあげられます。
 高齢化社会や医療改革のなかにあって、リハビリテーション学のニーズは非常に高いといえます。幅広い疾患や障害に対応し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などとの専門医療チームをリードできる人材育成に努めております。
 リハビリテーション学は、新専門医制度での基本領域のひとつになっており、診療能力が着実に身につき選択性の高い研修プログラムをとっております。リハビリテーション科専門医だけでなく、脳卒中専門医や高血圧専門医、老年病専門医などの取得も可能です。
 研究内容も多岐に及びますので、実臨床からでたクリニカルクエスチョンを基に研究計画を立て、研究遂行から論文作成・投稿までを積極的に支援しています。博士学位の取得はもちろん、臨床・研究・教育のバランスのとれた医師の育成を目指します。

リハビリテーション学 大学院教授 松元秀次