付属・関連施設

共同研究施設

1.形態解析研究室

ヒトの持つ遺伝子配列の解読が完了し、その応用が待たれるポストゲノム時代にも対応し、また全学的な形態系解析研究の拠点施設となるために、2009年度に新設されました。電子顕微鏡をはじめ、最新の共焦点レーザー顕微鏡などの形態解析機器を充実させ、生物・医学領域の形態機能、バイオイメージングに関するさまざまな研究・教育に貢献しています。

2.アイソトープ研究室

放射性同位元素及び非放射性同位元素(アイソトープ)は細胞や生体内での物質代謝を追跡するトレーサーとして非常に有効なものです。当研究室ではアイソトープを用いたタンパク質や遺伝子に関する研究が盛んに行われています。また、がんや遺伝子病の診断、遺伝子治療、シグナル伝達の解明やAIDSワクチンなどの先進的治療技術開発のために、多くの研究者がこの研究室を利用しています。

3.実験動物管理室

動物実験を行うには、適切な飼育環境の維持が欠かせません。また動物福祉の観点から、実験計画には慎重な考察が求められます。当管理室は動物実験に関する諸業務と助言、トランスジェニック動物の受け入れ、移出の際の検疫など、正しい科学性と倫理性に基づいた研究を行える環境を整備し、多くの研究者を支援しています。
動物実験等に関する情報はこちら

4.磁気共鳴分析室

医用磁気共鳴分析施設

2種類の磁気共鳴技術を用いた研究を行っています。MRIと原理を同じくする「核磁気共鳴(NMR)」では、薬毒物や生体成分とその代謝物、美容医療材料などを分析し、また、独自に開発したデータ解析法を臨床研究に応用しています。「電子スピン(EPR)共鳴」では、生体内の活性酸素に関する研究を行うことができます。こうした基礎研究が、新たな診断法や治療法の開発を支えます。

5.臨床系研究室

生命科学研究センター棟および丸山記念研究棟内に設置され、分子生物学、病理組織学、生化学、細胞培養等の各種実験室に、次世代シーケンサーを含む分子生物学実験関連装置、病理組織標本作製装置、プレートリーダー、フローサイトメトリー等が設置されています。また大型オートクレーブ、蒸留水作成装置設備も有し利用者の研究をサポートしています。

6.分子解析研究室

分子解析研究室は、人間や癌細胞の遺伝情報の地図であるDNAなどを解析する器械である最先端の次世代シークエンサーを備えた研究室です。その解析に以前はmg単位の比較的大量の組織を要していたものが、現在は少量の細胞やセルーフリーDNAといったものからも解析可能になっています。

7.細胞解析室

フローサイトメーターは個々の細胞や粒子の数やその特性を解析する機器です。多様な細胞集団の中から目的のマークを発現した細胞を同定しそれらの性質を解析するセルアナライザーとそれらの細胞を分取するセルソーターがありますが、本細胞解析室ではその双方が設置されており、基礎・臨床医学を通じ多くの実験に使用されています。

8.千葉北総病院研究室

2019年度から、組織改組により共同研究施設の一室になりました。当研究室には核酸、蛋白、細胞培養、病理、P2、動物実験室から構成されており、フローサイトメーター、リアルタイムPCR、動物実験、細胞培養、プレートリーダーによる実験、組換えDNA実験、病理組織研究(クライオスタット、パラフィン)が可能です。共用のディープフリーザー、オートクレーブ、蒸留水作成装置設備も有し利用者の研究をサポートしています。