医療安全管理指針

制定:平成14年11月1日

本指針は、日本医科大学多摩永山病院(以下「当院」という。)における医療安全管理体制の確立、医療安全管理に係る改善のための方策及び医療事故発生時の対応等につ いて定め、適切かつ安全な医療の提供に資することを目的とする。

1.医療安全管理に関する基本的な考え⽅

当院は、患者が安心して医療を受けられる環境を整備し、安全かつ適切な医療を提供するため、医療事故防止、医薬品管理及び医療機器管理等を踏まえた医療に係る安全管理の確立に取り組んで行くものとする。

2.医療に係る安全管理の組織に関する基本的事項

当院における医療安全管理体制の確保及び推進を図るため、本指針に基づき、次の組織及び人員を配置する。

Ⅰ.医療安全管理委員会

  1. 当院における医療に係わる安全管理体制の確保及び推進を図るために、医療安全管理委員会を設置する。
  2. 医療安全管理委員会の組織及び運営等については「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理委員会運営規約」に準ずる。

Ⅱ.臨時医療安全管理委員会

  1. 重大医療事故発生の原因調査、究明及び対策等を協議し、再発防止を図るために、臨時医療安全管理委員会を設置する。
  2. 臨時医療安全管理委員会の組織及び運用等については「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理委員会運営規約」に準ずる。

Ⅲ.医療安全管理小委員会(リスクマネージメント委員会)

  1. 安全管理について全般的な討議、改善の為の具体的な方針をたてるために、医療安全管理小委員会を設置する。
  2. 医療安全管理小委員会の組織及び運営については「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理小委員会内規」に準ずる。

Ⅳ.医療安全管理部

  1. 当院における医療安全を組織横断的に推進する目的で医療安全管理部を設置する。
  2. 医療安全管理部に関する組織及び運用については「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

Ⅴ.医療安全管理部部長

  1. 医療法及び医療施行規則等に基づき、医療に係る安全管理体制を確保するために、医療安全管理部に医療安全管理責任者として部長を配置する。
  2. 医療安全管理責任者の業務は、「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

Ⅵ.医療安全管理者

  1. 医療法及び医療施行規則等に基づき、医療に係わる安全管理体制を確保するために、医療安全管理部に専従の医療安全管理者を配置する。
  2. 医療安全管理者の業務は、「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

Ⅶ.医薬品安全管理責任者

  1. 医療法第6条の12及び同法施行規則第1条の11第2項第2号に規定する医薬品の使用に係わる安全な管理のために、医薬品安全管理責任者を配置する。 
  2. 医薬品安全管理責任者の業務は「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

Ⅷ.医療機器安全管理責任者

  1. 医療法第6条の12及び同法施行規則第1条の11第2項第3号に規定する医療機器の安全使用のために、医療機器安全管理責任者を配置する。  
  2. 医療機器安全管理責任者の業務は、「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

Ⅸ.リスクマネージャー

  1. 各部門の医療安全の管理の推進に資するため、リスクマネージャーを配置する。  
  2. リスクマネージャーの業務については「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

3.医療安全管理のための職員研修に関する基本的事項

  1. 医療に係わる安全管理のための基本的考え方及び具体的方策について、職員に対し周知徹底を図るため、医療安全管理のための研修を年2回開催し。その他必要に応じて随時開催する。  
  2. 新規入職職員及び中途採用職員等に対して医療安全管理に関する当院の基本的な考え方、方針、事項を周知させるための研修についても計画的に開催する。

4.事故報告等の医療に係わる安全の確保を目的とした改善のための方策に関する基本方針

  1. 医療に係わる安全管理の確保のために、患者に実害のない事例も含めて広く医療事故報告を収集、分析、改善策の策定及びその実施状況を評価して、これらの情報を共有する。
  2. 医療事故報告については「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

5.医療事故発生時の対応に関する基本方針

  1. 医療事故が発生した場合には、患者に対しては医療上最善の処置を行うとともに、状況の悪化に直ちに対応できる体制を整備する。また、患者、家族等に対しては、誠実に速やかな事実の説明を行う。
  2. 重大な事故の改善策については、背景要因及び根本的原因を分析し、効果的な再発防止策を図るものとする。
  3. 重大な事故の発生時における対応、報告、患者・家族への対応、事実経過の記録に関しては「日本医科大学多摩永山病院医療安全管理部に関する運営細則」に準ずる。

6.当院と患者との間の情報共有に関する基本方針

  1. 本指針の内容を含め。職員は患者との情報の共有に努めるとともに患者及び家族等から本指針の閲覧の申し出がある場合には、これに応じるものとする。
  2. 「患者さまからのご意見」等を参考に、より良い医療の提供に努める。

7.患者からの相談への対応に関する基本方針

  1. 患者の立場に立った医療を実践するために、相談者と病院の信頼関係を構築し、相談内容を当院の医療安全対策及び運営改善に生かし、医療の質の向上に努める。

8.患者からの相談への対応に関する基本方針

医療に係わる安全管理を推進するため、本指針、ガイドライン及びマニュアルを随時見直す。また患者の安全確保と医療者に役立つことを目的とし、事故防止策、院内の遵守事項や手順、各種報告システム、更に現場での判断や対応について迅速に確認を行えるフロー図やガイドラインを記載した「職員ポケットマニュアル」を常に携帯することを指導、周知徹底させる。

附則
平成14年11月1日 初版
平成16年9月1日 一部改正
平成22年4月1日 一部改正
平成23年9月1日 一部改正
平成25年10月1日 一部改正
平成30年4月1日 一部改正