医療安全管理部

1.ご挨拶

安全安心の医療は患者さまの何よりの願いです。
当院の病院職員は皆、患者さまのこの願いに答え、少しでもご病気が癒えるよう、できる限り努力しています。患者さまに対応していく中で見つかった改善すべき点の情報は、各部署の指導者が集まる会議で共有され、活発な議論を経て、すみやかに的確で分かりやすいマニュアルにまとめられ、関係職員に周知されています。
また、安全安心の医療には患者さまやご家族の御協力が必要です。当院では患者さまご本人を確認するために、ご苗字・お名前をおっしゃっていただいています。何度も聞かれ、わずらわしいとは存じますが、御協力お願いいたします。

医療安全管理部 部長 畝本 恭子

救命救急センター 畝本部長

2.沿革

当院では平成16年6月組織改編に伴い医療安全管理部が設立しました。

3.医療安全管理部の主な業務

  • 医療に係る安全管理のための指針を整備すること。
  • 医療安全管理委員会を設置し、委員会の管理・運営規程、議事録、決定事項の院内周知、改善策の実施状況調査・見直しを行うこと。
  • 安全管理に関する研修を全職員対象として年2回程度実施すること。
  • インシデント・アクシデントの報告制度を設けて、分析・報告すること。
  • 重大医療事故発生時の体制整備を行うこと。
  • 医療安全のためのマニュアルを整備すること。

4. 患者さまへのお願い

  1. 病状や健康に関する正しい情報を医療者に提供していただき、病院内でのルールおよび治療における注意事項をお守りください。 また、適切な医療を受けられるよう病院での秩序をお守りください。
  2. 院内で他の患者さまや職員に暴力を振るったり、大声を出したりする、または威嚇するような暴言を吐く患者さまの診察は、固くお断りいたします。