ホーム>診療科・部門のご案内>形成外科>ケロイド・肥厚性瘢痕の治療

ケロイド・肥厚性瘢痕の治療

ケロイド・肥厚性瘢痕の治療

 ケロイドや肥厚性瘢痕は、できた部位や、いろいろな状態によって、最適な治療法が異なります。
 まず初めに重要なのが、手術が適切なのか、手術以外が適切なのかを明確に判断することです。後述しますが、強いひきつれ(拘縮)、感染源があるもの、有茎性のもの、毛が腫瘍内に埋入しているものなどは手術が第一選択になる場合が多いです。逆に、大きさの小さい、上記のような問題点のないものはまず保存的治療を行ってみるのが良いと思われます。


  • 1.手術しない方法

    肥厚性瘢痕とケロイドの治療

    1)飲み薬

     飲み薬ではトラニラスト(リザベン®)や柴苓湯が有効であるとされています。トラニラストは抗アレルギー剤であり、腫瘍や肥厚性瘢痕の中の肥満細胞が出す伝達物質を抑制することにより作用をきたすと考えられています。一時、異常瘢痕とアレルギーには関係がないといわれていましたが、最新の研究ではその関係性が示唆されており、効果は弱いですが再度見直されているお薬です。

    2)塗り薬

     塗り薬として効果のあるものにはいくつかあります。炎症を抑える目的での、ステロイド軟膏やクリームや、非ステロイド系抗炎症剤、ヘパリン類似物質、保湿剤などがあります。テープかぶれしやすい患者さんには、優しく良い治療だとは思いますが、効果が弱いのが難点です。また海外では、シリコンクリームなどを使用している事があるようですが、保湿以外の明確な作用機序は分かっていません。

    3)圧迫固定具

     昔から、やけどのきずあとは、サポーターや包帯などで固定することが効果的とされてきました。ケロイドや肥厚性瘢痕は、絶えず力がかかる部位にできる傾向が強いので、傷を安静に保つ意味で重要です。シリコンジェルシートやシリコンクッションをテープや包帯で固定することは、圧迫・固定の作用も働いていると考えられています。

    4)ステロイドテープ

     最も多く利用されているものには、抗炎症剤であるステロイドがついているテープ(ドレニゾンテープ®、エクラープラスター®)があります。ドレニゾンテープは古くからあるステロイドテープで透明な素材で薄く、顔面や、嫌がってはがしてしまう小児に使いやすいものです。また、数年前に発売になったエクラープラスターは効果が強いため、保存的治療の主役をなすものとなりました。

    ステロイドテープの使い方

    5)シリコンジェルシート

     シリコーンジェルでできたシート状のシートにはさまざまな種類(Fシート ®、シカケア®、原沢®、メピフォーム®など)があります。またより安価なポリエチレンでできたポリエチレンジェルシート(傷あとケアシート®)もあり、同様の効果が認められます。ジェルシートは長期間貼っておくことで、保湿や創の安静・固定の意味があります*。ジェルシート自体に粘着力があるため、傷跡やケロイドにぴったりくっつき、洗うことによって2-4週間繰り返し使うことができます。素材が柔らかくクッション性もあるため、服でこすれたりする疼痛が強い部分などにやさしく使用できる利点がありますが、汗をかくと容易にはがれてしまう難点もあります。

    *Akaishi S, Akimoto M, Hyakusoku H, Ogawa R. The tensile reduction effects of silicone gel sheeting. Plast Reconstr Surg. 2010 Aug;126(2):109e-11e.

    6)注射

      ステロイド(ケナコルト®など)を注射することがあります。赤みや盛り上がりは著明に減少しますが、効果が強すぎるとかえって凹んだ瘢痕になることがあります。塗り薬と同じく、ステロイドであるため、毛細血管の拡張を呈することもあり、周囲の皮膚の菲薄化が生じることもあるのが欠点です。また硬い瘢痕の中に注射するため、痛みがあり、女性ではステロイドの影響で生理不順が生じることもあるため注意が必要です。  ただし、当科では極力使用量を減らして副作用が起こらないように注意して治療しております。また、疼痛が強い方に対しては、麻酔のテープを併用したり、麻酔の注射を組み合わせたり、また細い針を使うなどの工夫をしています。  

    7)レーザー

     ケロイドや肥厚性瘢痕の治療に、レーザーを使うことがあります。ケロイドや肥厚性瘢痕の中の血管を破壊したり、コラーゲンの分解を促進させることを目的としたものが主流です。当医局では初めて、「ケロイド・肥厚性瘢痕」に対してNd:YAGレーザー照射を行い、レーザーの作用機序を報告しました*。
     ただ、現時点では保険適応外であり、治療で使用する場合は自費で行う必要があります。

     *Akaishi S, Koike S, Dohi T, Kobe K, Hyakusoku H, Ogawa R:Non-contact mode long pulse nd:YAG laser therapy for keloids and hypertrophic scars、Journal of Wound Technology、2012.1  

    8)その他

     ひげ、陰毛や胸毛などがケロイド内に埋入され、感染を繰り返す場合、ケロイドの脱毛が効果をきたす場合があります。

    • 2.手術の方法

      肥厚性瘢痕とケロイドの手術方法

      1)手術に対する考え方

       いままで解説してきた方法だけで軽快するようであれば、手術をしなくても良いのですが、強いひきつれ(瘢痕拘縮)があったり、抗生物質によって除去できない感染源があったりする場合には、必ず手術が必要です。また、目立つ所で醜状が問題であり、社会生活に支障をきたす場合は、やはり手術をすべきです。
       しかし、従来からこれらは安易に「手術してはならない」とされてきました。今でもそのような考えの医師は多いのですが、我々はできる限り再発しないような縫い方の工夫をし、さらに放射線治療の一種である、電子線治療や小線源治療という方法を取り入れることによって、これらの問題を解決してきました。

      2)縫合法

       ケロイドや肥厚性瘢痕を摘出した後に、傷を縫合しなければなりませんが、最も大切なことは、見た目をきれいに縫うことではなく、再発しないように縫うことです。ケロイドは、真皮から生じます。よって、真皮に過剰な力が加わらないように、真皮より深くにある筋膜などの組織をしっかり縫い寄せて創を十分盛り上げ、創縁が何もしなくてもくっついてしまうような状態にします。そして、真皮縫合と表面縫合を最小限に行う方法を行っています。多くの教科書には、「表皮に力がかからないように真皮縫合で減張縫合をする」と書かれていますが、われわれは、表皮はもちろん真皮にも力がかからないように、それより深い部分の筋膜などのしっかりとした組織で減張縫合する【筋膜縫合法】を開発しました*。

      *赤石諭史、小川令、大森康隆、百束比古.ケロイド切開後の新しい縫合法-Fascial suture technique-. 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル. 4. 95-99. 2010

      3)放射線照射療法

       先にも記述しましたが、わたしたちの病院では、ケロイドの手術後に放射線を照射することがあります。もちろん放射線照射後発癌の可能性がないとは言えませんが、使用するのは電子線という種類で表面から数ミリまでしか届かず、皮膚の下の内臓などに影響が非常に少ない放射線です。また、ケロイドに対する放射線治療の歴史の中で、発癌の因果関係がはっきりと証明された報告はありません。安全な方法を放射線科医と相談しながら治療します。また、あまりに大きい腫瘍に対しては、手術をしないで放射線治療のみを行うこともあります。

      4)手術の後療法について

      外科的治療および放射線治療で一度は完治したとしても、術後から局所の皮膚伸展を繰り返していれば、やはり再発することもあります。よってわたしたちは最低2-3年、傷の伸展を予防するためにテープ固定をおこない、術後数か月は過度の運動、仕事をさけるようにお願いしています。

      「ケロイド外来」の外来担当表はこちら

      形成外科ホームはこちら

      お問い合わせ

      お問い合わせ先・時間

      TEL: 044-733-5181(代表)
      (平日:午後3時00分~午後4時30分)(土曜:午後2時00分~午後3時30分)

      ※診療への影響を避けるため、緊急時を除く診療科へのお問い合わせ等は上記の時間内にしていただきますようご協力をお願い致します。

      再診予約日の変更・キャンセル
      TEL: 044-733-5181(代表)⇒ 外来予約室
      (平日:午前8時00分~午後4時30分)(土曜:午前8時00分~午後3時30分)

      ※祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。