ホーム>診療科・部門のご案内>形成外科>多指症(多趾症)・合指症(合趾症)の手術

多指症(多趾症)・合指症(合趾症)の手術

合指症の手術

 1歳前後で手術を行います。隣同士のついた指の間を作ることが、手術の基本となります。指の側面には、血管や神経が走行しているので、切るときには細心の注意が必要です。
 指の間の皮膚は、局所皮弁といって近くの皮膚で補うように覆います。局所皮弁で覆いきれない部分は足の付け根や、内くるぶしの皮膚をとって、指の間に移植する植皮術を行います。骨も癒合している場合は、骨を切り分けて、表面を脂肪や皮膚の組織で覆う必要があります。術後の拘縮が起きないようにジクザグ状に縫い合わせて、指の動きに制限が出ないようにする工夫をします。
 体の成長に伴い、指が曲げにくい、伸ばしにくいといった拘縮という症状が見られる場合があります。成長した年齢で、拘縮を解除する手術を追加で行うこともあります。

合趾症の手術

 手術は1歳前後で行います。まだ歩行していない年齢の方が、術後の安静が保ちやすいですが、体が小さいと全身麻酔の負担が大きく、手術手技はより細かな作業とります。
 日本人は第2・3趾(人差し指・中指)の合趾が多く見られます。手術方法は、ゆびの間の底を指の背部の皮膚で覆い、ゆびの側面は植皮を行う方法が一般的です。
 当院では、ゆびの結合が第1関節を超えない合趾症については、植皮を用いない局所皮弁の方法(Chair flap)を開発しました。できる限り患者さんの負担を少なくできるよう取り組んでいます。
 合趾症手術

多指症(母指多指症)の手術

 指の重複の程度は様々です。小さな皮膚が余剰に親指の横に付着しているだけのものから、複数ある親指に骨や腱が見られるものまであります。日本人に多く見られる、母指多指症はWassel分類で分類されます。
 余剰指が皮膚のみの場合は、皮膚を切って血管が見られる場合は血管を結紮して、余剰な指を切除します。
 余剰指に骨が見られる場合は、付着している腱を、親指に縫い付けます。術後の安静と、リハビリが必要となります。
  多指症手術

手術の流れ(入院〜退院まで)

治療をご希望の方は、月・火・水・金の午前中、先天異常外来までお越しください。

 当院では月曜日に入院し、麻酔科医師の診察を受けていただきます。翌日の火曜日に全身麻酔の手術を行います。手術後は、安静を保つために、整形外科で用いるようなシーネで腕や足を固定します。翌日から傷口の様子を確認させていただきます。
 通常、合指(趾)症の局所皮弁と多指症の場合は、基本的に約1週間の入院です。
 合指(趾)症で植皮術を併用する場合には、植皮の生着まで1週間は、じっと安静を保つ必要があります。手術から1週間後の火曜日にガーゼを外して、皮膚がついているか確認します。その後は軟膏処置を行います。入院は合計約2週間の予定となります。
 退院から、抜糸までの間は、ご自宅で傷の処置を行っていただきます。入院中に傷の処置の方法は、練習していただきます。手術後、7〜14日目に外来で抜糸を行います。
 術後の経過によっては、入院期間が延長する場合があります。


   入院経過    

 治療をご希望の方は、月・火・水・金の午前中、先天異常外来までお越しください。

お問い合わせ

お問い合わせ先・時間

TEL: 044-733-5181(代表)
(平日:午後3時00分~午後4時30分)(土曜:午後2時00分~午後3時30分)

※診療への影響を避けるため、緊急時を除く診療科へのお問い合わせ等は上記の時間内にしていただきますようご協力をお願い致します。

再診予約日の変更・キャンセル
TEL: 044-733-5181(代表)⇒ 外来予約室
(平日:午前8時00分~午後4時30分)(土曜:午前8時00分~午後3時30分)

※祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。