ホーム>診療科・部門のご案内>形成外科>皮膚潰瘍につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)
形成外科

皮膚潰瘍や糖尿病足病変(足壊疽)につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)

 このページを読んでいる方は、何かしらの理由で「局所陰圧閉鎖療法(いんあつへいさりょうほう)」をご存じなのではないでしょうか?
 患者さんの場合、病院スタッフから「明日から局所陰圧閉鎖療法を始めますね!」と言われても、いきなり難しい治療の名前を言われて不安になりますね。そんな皆様の悩みを少しでも解決するためのページです。ゆっくり読んでみてください。

皮膚が必要な理由

ヒトの身体は丈夫な皮膚でおおわれています。皮膚の働きは色々ありますが, 特に大切なことは、「怪我などの外的刺激から身を守る」「細菌などの体内への侵入を防ぐ」の2点です。

1皮膚潰瘍や糖尿病足病変(足壊疽)につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)

皮膚がないと血管や神経がむき出しになり、しぶつけただけでも大変なことになります。また、目には見えない細菌が体の中に侵入し放題です。皮膚により体は守られています。

皮膚がなくなったら?~大きな傷を治す方法~

しかし、大きな怪我のあとに皮膚の感染症が起こることがあります。そのような組織は残しても治らないため、切除しないといけません。しかし、 その傷はどうなっていくのでしょうか?2皮膚潰瘍や糖尿病足病変(足壊疽)につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)

予期せず生じてしまった大きな皮膚欠損を治す方法として、以下のような方法が挙げられます。
① 周りの皮膚がどんどん張ってくる.
② 皮膚欠損部の周りの皮膚を縫合する.
③ 体の他のところから皮膚を持ってきて移植する(植皮術)

3皮膚潰瘍や糖尿病足病変(足壊疽)につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)

もちろん①のように手術をしないで治療ができれば一番良いですね。ただ、大きく深い傷の場合は、②のように皮膚を縫合したり、③のように植皮術を行うことで早く傷を治す場合もあります。

治すために肉芽が必要な理由~肉芽(にくげ)って何?~

組織を切除して体が凹んだ時、その部分はどのような変化をするでしょうか? 実は、切除した筋肉や脂肪は元通りに再生しません。その代わりに「肉芽(にくげ)」と呼ばれるコラーゲン(タンパク質)の塊に置き換わります。この肉芽(にくげ)には、コラーゲンがたくさん含まれるだけでなく、細かい血管をたくさん含んでおります。肉芽(にくげ)は, 新しい皮膚のためのベッドのようなものです。

4皮膚潰瘍や糖尿病足病変(足壊疽)につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)

肉芽を効果的に増やすには?~局所陰圧閉鎖療法~

なんとなくイメージしてみてください。傷を吸引すると傷が小さくなる気がしませんでしょうか?局所陰圧閉鎖療法は、簡単に言うと傷を吸引する方法です。傷に掃除機を当てるようなものと考えてください。傷を吸引すると、傷が小さくなるだけではなく、先ほど紹介した「肉芽(にくげ)」を作る細胞を元気にさせて、効率的に肉芽を増やします。その後、出来上がった良い肉芽の上に皮膚が出来てきます。

5皮膚潰瘍や糖尿病足病変(足壊疽)につける治療器械(局所陰圧閉鎖療法)

まとめ

局所陰圧閉鎖療法は傷を吸引する方法で、吸引により効果的に傷を治すことができます。不安なことがあればいつでもご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ先・時間

TEL: 044-733-5181(代表)
(平日:午後3時00分~午後4時30分)(土曜:午後2時00分~午後3時30分)

※診療への影響を避けるため、緊急時を除く診療科へのお問い合わせ等は上記の時間内にしていただきますようご協力をお願い致します。

再診予約日の変更・キャンセル
TEL: 044-712-9300(直通)⇒ コールセンター
(平日:午前8時00分~午後4時30分)(土曜:午前8時00分~午後3時30分)

※祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。