ホーム>診療科・部門のご案内>形成外科>化膿性汗腺炎(臀部慢性膿皮症を含む)や毛巣洞の治療
形成外科

化膿性汗腺炎(臀部慢性膿皮症を含む)や毛巣洞の治療

化膿性汗腺炎または膿皮症、毛巣洞とは

化膿性汗腺炎とは、アポクリン汗腺や毛包の機能障害により毛包に炎症が起こり、腋窩や鼠径部、臀部などのアポクリン汗腺の多い部位に炎症性の結節と膿瘍を繰り返す疾患です。臀部慢性膿皮症は化膿性汗腺炎の中で臀部に限局した疾患です。

“おしりやわきなどに赤いブツブツがたくさんでき、膿が出るときもある。“
→その症状、化膿性汗腺炎(慢性膿皮症)かもしれません。

また、似たような病態を示すことのある毛巣洞は、臀部に生えている毛が皮膚の下に膿瘍(膿のたまり)を作る病気です。

化膿性汗腺炎(膿皮症)の症状

臀部(おしり)や腋窩(わき)、鼠径部、乳房下などによく発生します。急に赤く腫れ上がる“おでき”などとは違い、ゆっくりと慢性に細菌感染を繰り返し、時に膿などを出す皮膚疾患です。皮膚内で炎症反応が長期間持続するため赤くブツブツになり、瘢痕化し硬い皮膚となったり、内部に蜘蛛の巣状に膿の溜まりを作り、膿の出口が瘻孔(皮膚の穴)を形成することもあります。長期において放置すると希ではありますが、皮膚がん(特に有棘細胞癌)の発生しやすい環境になってしまう事が知られています。 慢性膿皮症

化膿性汗腺炎(膿皮症)の原因

慢性膿皮症2病気の原因は完全には解明されていませんが、遺伝的要因と環境的要因が指摘されています。海外では、三分の一の患者さんで家族性に発生していると報告があります。また、環境的要因としては、喫煙と肥満がリスク因子として挙げられています。 そのような患者さんの腋窩・臀部などの毛包が閉塞することから発症します。閉塞した毛包に感染が起こりますが、原因菌は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌、大腸菌などが多く、感染の勢いが強くなった場合には皮膚の下に膿の塊を作ります。

化膿性汗腺炎(膿皮症)と毛巣洞の治療

(1) 保存的治療

化膿性汗腺炎早期の軽症なものであれば、局所の清潔を保ち、抗菌薬の内服や抗菌薬軟膏等を使用して治療をすることで改善していく場合もあります。重症度が高い場合は、アダリムマブ(ヒュミラ®)の皮下注射が必要な場合があります。また、生活改善(減量・禁煙)はどのような方でも重要です。

(2) 手術治療

外科的手術は、化膿性汗腺炎と毛巣洞において同様で、皮膚を全層で大きく取り除くことが大切です。そのため、範囲が広い場合には皮弁術(皮膚を切って移動させる手術)や皮膚移植を行う必要がある場合があります。長く経過している例では、皮下にトンネルを形成して広がっている場合があり、取り残すと再発してしまう場合があります。また、極めてまれではありますが、どちらの病気でも皮膚がんが発生する可能性もありますので、しっかりとした切除が重要です。

受診を希望の方は、月曜日から金曜日の午前中、形成外科一般外来にお越しください。

慢性膿皮症3

慢性膿皮症4形成外科ホームはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ先・時間

TEL: 044-733-5181(代表)
(平日:午後3時00分~午後4時30分)(土曜:午後2時00分~午後3時30分)

※診療への影響を避けるため、緊急時を除く診療科へのお問い合わせ等は上記の時間内にしていただきますようご協力をお願い致します。

再診予約日の変更・キャンセル
TEL: 044-733-5181(代表)⇒ 外来予約室
(平日:午前8時00分~午後4時30分)(土曜:午前8時00分~午後3時30分)

※祝祭日、年末年始(12月30日~1月4日)、創立記念日(4月15日またはその振替日)を除く。